財産の価値

離婚に際しての財産分与とは、婚姻中、夫婦が協力して築いた財産を清算する事です。
前述したように、たとえ妻が専業主婦でも、名義が夫だけになっていたとしても、
妻の協力があっての事とみなされ、実質的には夫婦共有財産と考えられます。
財産分与は慰謝料とは違い、離婚原因がある側からも請求する事ができます。

ですから浮気やDⅤの夫も家出の場合も財産分与の請求は出来ますし、
当然、妻の不倫が原因で離婚にいたった場合でも夫に請求する事が出来ます。

財産分与の次のような性質を知っておくとよいでしょう。
夫婦の共有財産を清算するという性質です。

夫婦は共同の生活期間は、生活のあらゆる面において協力扶助するという義務があります。
財産も協力して形成しているとされていますので、夫または妻名義になっている財産であっても
共有財産と考えられ、離婚のときには、財産形成に対する貢献の割合に応じて清算されることになります。

扶養的財産分与として、慰謝料の支払いなどだけではなく
離婚後を考慮して補充的に生活を援助するという目的のものです。
扶養の程度は、離婚後の生計を維持できる程度です。

扶養料の価値に当って考慮すべき事情としては、請求する側の現在の生活状況、将来の生活の見通し、
頼れる家族がいるかどうかなど、それから支払う側の現在の経済状況、将来の収入、財産取得能力
を勘案して決められます。

慰謝料と財産分与は法的性質が違うものとされていますが、
慰謝料を財産分与の事情の一つとして考慮していけない理由はありません。

実際にたとえば家をゆずってもらう代わりに、その中に慰謝料分も含むというようなケースもみられます。
この分与の仕方には金線維頼らず、現物を分与できる迅速性があるなどの利点があります。

以上のように財産の価値をしっかりと認識した上で、いろいろな財産分与の性質もおさえておきましょう。