分与する財産のリスト作成

自分が今まで苦労して、努力して築いた財産について、
半分ないしは、それ以上を譲っていかなければならない状況が生まれるかもしれません。

夫婦の結婚生活中の貢献度、生活状況、などによって財産分与の割合などは代わってきますが、
相手方があまり貢献していないと感じている人にとっては、
出来るだけ財産分与をしたくないという気持ちにもなるでしょう。

結婚生活があまり長くないとか、元々財産を築いていた状態から、
その後に結婚をしたとかいう場合は、特にそう思うでしょう。
また、配偶者が不倫をしたなどの不貞行為をした場合などは特に強くそう思うはずです。

だから、そのための対策としては分与する財産のリスト作成をして、
自分の中で、財産はどんなものがあるかを整理、把握していくべきでしょう。

実際に元々所有していた財産は分与する必要はないことが多いですし、
不貞行為をした相手方に対してもそうです。
資産をたくさん保有している人や、巨額の資産を持っている人は
リスト作成をしておいた方が良さそうです。

巨額の資産を保有していなくても、例えば金融関係の資産が種類が多い場合が注意が必要でしょう。
それは、株式、投資信託、金投資、外貨投資などをしている場合には、いろいろと種類が豊富であれば、
契約日、売買約定日などはいつなのかをきちんと把握しておいた方がいいでしょう。
これら株式などの売買約定日が、結婚前なのか、後なのかというところも重要になってくる部分でしょう。

どうしても自分自身は離婚については、悪くない、相手方の不貞行為などが原因である場合や、
貢献度が著しく低いと言える状況であれば、リスト作成をしておかないと、
きちんと「譲りたくない」という主張をしづらいので気を付けましょう。
また、こちらの一般的な財産分与についての記事も参考にご覧ください。