離婚のお金問題

離婚すれば慰謝料が発生するので、女性は得をすると思っている人が多いのではないでしょうか。
マスコミなどでは芸能人や有名人の離婚で、何千万、何億とう慰謝料が話題になっています。

しかし通常の離婚では慰謝料をもらっていない人が半数以上、
またもらうことが出来た人でも相場は200万円前後だとされています。
じつはこの慰謝料といっているもののほとんどが財産分与の分与金額を含めてしまった金額なのです。

離婚の際に慰謝料よりも注目して欲しいので、財産分与です。
財産分与と慰謝料の大きな違いは、財産分与は多くの場合の離婚で請求する事ができるということです。

慰謝料は離婚にいたるまでの状況によって、必ず請求出来るとは限りません。
しかし、財産分与は今までの結婚生活で築いてきた夫婦の共有財産を生産する事を意味します。
また離婚後の扶養の趣旨で認められることもあります。
つまり離婚原因をつくった、つくらないにかかわらず請求する事ができます。

ちなみに財産分与の財産とは、夫婦が婚姻期間中に夫婦が協力して形成した財産の事です。
ですから妻が専業主婦で夫の給料のみで夫婦が生活してきた場合でも、
内助の功があるわけですから正々堂々と請求する事ができます。
妻として家庭で家事労働をすることによって夫の勤労者としての生活をサポートし、
給料所得に貢献してきたのですから。

たとえ夫の名義であったとしてもその形式的な名義には関係なく、
あくまでも夫婦で協力して得た財産ですから、財産分与の対象にもなります。

もちろん、財産分与される金額などは、財産の種類や金額、
さらには婚姻期間などによっても事なり、はっきりした相場はありません。