財産分与の対象

財産分与というのは慰謝料とは違うものです。
結婚生活中に一緒になって作った財産、たとえそれが夫名義のものであっても
別れるにあたって分け前を受け取る、それが財産分与だと聞いたことはあるでしょうか。
だから慰謝料と同じく贈与税などの税金もかからないそうです。

財産分与の計算をするとなると、家をはじめとする財産の総額の見当をつけなければなりません。
家はもとより敷地の方が値が高い場合が多いです。

財産分与については、落ち度がある無しとは関係ありません。
たとえ妻が悪くても、過去働いた分の分け前だから、別れる時に取るわけです。
内助の功の報酬といえます。
原則は半分ずつ分ける事になっています。

妻の言い分としては財産分与は単なる過去働いた分の分け前だけではないという場合もあります。
結婚中は何の働きもしなかった妻であっても、または病妻であっても、
働きの有無とは関係なく、財産分与を要求できるのです。

また結婚生活中に親からもらった財産を使い減らしただけで、つまり結婚生活によって
作り上げた財産など全くなくてもやはり財産分与は要求できることがあるといいます。
扶養的財産分与というのだそうです。
過去の働きの分け前とは、限らないということです。

たとえ増やした財産は無いにせよ、何年も結婚生活を送った夫婦であれば、
半分のが財産分与の対象となります。

離婚の際、たとえ当人に落ち度があっても、一方に財力がある場合、
少しの財産をつけて出すというものです。
財産分与にはその意味もあるから、働きの有無とは関係なく請求できるのです。
妻は、主婦として家にいたのですが、懸命にやりくりをして家計を支えたという考え方もいえるわけです。